蒼き狼と白き牡鹿 ジンギスカン
 元朝秘史
光栄  93年3月25日発売  11800円
入手難度
  内容

前作より色々パワーアップしてるが、一番の違いは戦争シーン。行軍と戦闘モードを分割する事によって、よりリアルさが増した(その分時間はかかったが)。全体的に東高西低の難易度で、君主をヨーロッパ勢に選ぶとモンゴル勢にまるで歯が立たなくて苦労する羽目に。というかモンゴル勢が強すぎるのだが。また世界各国の兵士の形状が違う、BGMがそれぞれ違うなど、それぞれの地域性をシリーズ中で最も強く押し出したのがこの作品の特徴である。やっぱり永遠に遊ぶ事が出来たり自動作成される武将の名前が変だったり、どこかおバカな味はツボに嵌まれば堪えられないものだ。

このレビューは元祖えむえむさん書いていただきました。ありがとうございました。



戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット