第22回

エレベーターアクション


操作方法

Aボタン・・・ジャンプ
Bボタン・・・銃発射

裏技 ワープはバグるので必要なし


エレベーターアクション
タイトー  85年6月28日発売  入手難度  内容

今回はエレベーターアクションです。これは誰でも知って
るんじゃないでしょうか?急に昔を懐かしんで欲しくなって購入、
そして10分で後悔するといった経験のある人が多いんじゃないでしょうか。

実は元々はアーケードのゲームです。攻略法なんぞないので
アーケードとファミコン版の違いについて語ってみようかと。
ファミコン版には「ぶち切れ度」が存在します。つうか造語です。今作りました(ぉ
このぶち切れ度はゲーム開始からどんどん溜まっていきます。これがMAXになると
敵がぶち切れ金剛してしまい、銃をを乱射してきます。これが非常に避けづらく
もうかんにんしてレベルであり、無理であります。死ぬと、このぶち切れ度は
ゼロになりますがなんか悔しいですね。

つまり何が言いたいかというと、ファミコン版のエレベーターアクションに要求されるものは
「スピード」です。すばやく行動、クリアすれば敵の攻撃が激しくなる前に
最下層まで降りることができます。一定時間経過で銃乱射、いわゆる「伏せ打ち」
が始まるので、それまでにどれだけ下にいけるかがカギになります。
大体の人が3面あたりからつらくなってくるはず。

アーケード版にはこの銃乱射はなかった気がします。
あったとしてもファミコン版より時間に余裕があります。私は出さずにいけましたので。
個人的にはまったりプレイできるので、こちらのほうが好きであります。


戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット